披露宴ではどんなドレスがふさわしいか

一生に一度の晴れ姿、気に入った衣装を見つけるためにも披露宴の衣装選びは、できるだけ早いうちに始めることが大切です。会場が決まったらすぐにでも下見を行い、挙式の3か月前には決定しているのが理想的です。衣装のプランを立てるときに大切になってくるのは、挙式のスタイルです。キリスト教式ではウエディングドレスが基本ですし、神前式では和装が主流になっています。さらに披露宴会場の広さや雰囲気に合うことも大事です。たとえば小さなレストランで裾の広い衣装は動きにくいので、注意が必要になってきます。
メインの衣装が決まったらお色直しを何回するか、どんな衣装にするか予算も含めて検討します。せっかくならたくさんの衣装を着てみたいものですが、披露宴全体の時間に対してお色直しの中座にどのくらいの時間をとるかよく考えて計画してください。

お色直し後に自分にあった衣装は

最近は新郎新婦ともお色直しは1回だけという傾向が強くなっています。またお色直しはせず1着のドレスで通す、新婦も増えています。その場合は1着で2通りの着こなしができる2ウエードレスが人気になっています。トレーンやスリーブを取り外すことができるため、簡単なヘアチェンジだけでお色直しをしたような印象を、がらりと変えることができます。
衣装の調達方法にはレンタル、セル、オーダーがあります。レンタルは値段は比較的に安く小物も含めて手配ができるメリットがあります。セルは値段も種類もいろいろです。レンタルだったものを販売するユーズドなど、場合によってはレンタルよりも安くなることがあります。オーダーは一からデザインを作り上げていくフルオーダーと、基本のデザインにアレンジを加えるセミオーダーがありどちらも高価ですが、自分のイメージ通りのものが手に入ります。

気に入ればまずは試着をしてみましょう

雑誌やカタログで気になる衣装を見つけたら、まずは試着してみるのが一番です。試着には家族や友人など身近な人と一緒に行くようにしてください。着たい衣装が似合う衣装ではないことはよくありますので、自分に似合っているか後姿はどうかなど、客観的なアドバイスをしてもらいましょう。
自分の体型に合っていることも大事なポイントです。サイズが合っていなければ写真写りや所作にも影響が出てきますので、大きすぎず小さすぎないものを選んでください。どんな小物を合わせるかでも印象はがらりと変わります。衣装にあっているか、顔写りはいいかなど慎重にチェックしてください。レンタルする場合は小物がついているケースもありますが、イメージと違ったら自分で気に入ったものを探しても構いません。

スタイルアップも叶う、大人かっこいいパンツドレスも揃っています。 商品到着後、会員登録(ログイン)してレビューを書けば500ポイント差し上げます。 お客様に選ばれ続けるロングセラー商品で、楽天のランキングも数々受賞しています。 ドレスをグッと華やかにする、ぴったりのアクセサリーやグッズも揃っています。 お悩みの方に嬉しい詳しいサイズガイドもご用意。採寸方法をご案内しています。 お呼ばれに!披露宴のドレスはこちらから