披露宴のドレスの上手な決め方とは

披露宴に着るドレスは挙式の時に着る衣装と違って目立つ色のドレスであったり派手な衣装でも良いものです。ですからウェディングドレスをシンプルなものにしたら、披露宴の時に着る衣装は自分の好みをふんだんに取り入れた衣装にしてみても良いものです。ですが、披露宴の時に着る衣装はレンタルのものがほとんどなので、自分が挙式をする日に好みの衣装が着れるようにするためにも、自分の挙式の近い日に衣装が借りられていないかもチェックしておくようにしましょう。会場でそろえてある衣装の数は多くても、同じデザインで同じサイズの衣装が何枚も用意されているわけではないので、着たいと思える衣装が決まっているような時は自分が着れるサイズなのかどうかも合わせて探していくと良いです。

和装を意識したものにすることもできる

教会式で式をするような人であれば、式の時に着る衣装は洋装でしょう。ですから和装はその後に着たいと思う人もいるでしょう。ですが洋装と和装とではメイクも異なりますので、和装にすることによってまたメイクに時間がかかってしまうようなこともあるものです。ですからメイクはそのままで和装をリメイクした衣装を着るようにしても良いでしょう。和装をリメイクした衣装であれば髪型も洋風のままで良いですから、お色直しの時間も短縮することができるでしょう。和装を意識したものにすることで式の時のイメージとはまた違った感じにもなりますし、おしゃれにもなるでしょう。リメイクしたものを選ぶようにすれば和がイメージできる衣装を着たいという希望もうまく叶えることができるものです。

コスプレ感覚で選ぶのも良い

結婚式の時だからと言ってあまり豪華な衣装を着たくないという人や、衣装にお金をかけすぎたくないという人もいるものです。また、ホテルや式場ではなくハウスウェディングや、パーティー感覚の式にするのであれば、面白さや楽しめる衣装にしたほうが盛り上がるということもあるので、コスプレ感覚で選ぶようにしても良いでしょう。ちょっとした仮装パーティーのようにもできますし、式は親戚などよりも友達を多く呼んで行うような感じであれば、豪華さや品の良さよりも楽しさを優先させたいようなこともあるものです。ですから会場や式のイメージによってはコスプレ感覚で選んでみても良いでしょう。また、衣装のコードを決めてみんなお揃いの衣装にしたり、統一感を出してみても面白くなるでしょう。