どんなドレスを披露宴で着用するのか

披露宴にお呼ばれすると誇らしい気持ちにもなりますが、その一方でどんなドレスを着用すればいいのか悩ましいものです。女性は花を添える意味合いもありますので、あまりにも地味過ぎるものだと少し寂しくなりますが、だからと言ってとにかく派手にしていいという訳ではなく一定のマナーが存在します。特にNGとされるのは白を選ぶ事です。これだけは花嫁と同じカラーですからよくありません。また、秋冬の寒い時期には上に羽織るものやストールなども用意しますが、ふわふわした可愛らしいファーを使うのもよくないとされています。年齢のこともあるのでどんなものを着用するのか迷いに迷うと思いますが、最低限よくないとされる服装にはならないようにして考えていくと、慣れない方でも選びやすいでしょう。

これだけは気をつけておきたい服装

披露宴のためのドレス選びですが、白色を使ってはいけないのは誰もが理解しやすいと思いますが、だからと言って全身黒一色になるというのも雰囲気が暗くなってしまいがちです。ストールや小物で明るい色を使うように心がけましょう。アイボリーやクリーム、ベージュ系は白ではないのですが、遠目から見たり写真撮影をしたときには白く見えやすいので、こちらも羽織るもので濃い色のものを使うなど工夫が必要です。肩を出すようなデザインのものもありますが、これもよくありませんので、もしも着用したいのであれば羽織ものやストールなどを準備しておきましょう。カジュアルな場合や夜の場合はOKとされる時もありますので、事前に確認しておくようにすれば、安心して参加することが出来るでしょう。

これなら安心できる服装

頻繁に参加するわけでもないので、その都度披露宴用のドレスには悩まされるものです。アクセサリーはパールを使うようにし、足元はパンプスを選びます。ブーツやオープントゥなどは避けてください。鞄は大きすぎず小さすぎずというようなパーティーバッグを選びます。カラーも白は使わず、黒はできる限り避けた上で、自分の雰囲気や年齢などに合うものを選ぶとよいでしょう。お祝いの席で着用するのですから、もしも自分が招待する側だったらどんな服装だったら嬉しいのかを考えてみると、ベストな服装選びもしやすくなるでしょう。招待されて過ごす時間は2~3時間程度ではありますが、記念に残る時間を一緒に過ごせるのはとても嬉しい事ですから、ゆっくり時間をかけて満足できるスタイルを選んでみて下さい。